« 。先入観。 | トップページ | 。アマゾナイト。 »

2017年11月22日 (水)

。婚 活。

今日は、なんと、良い夫婦の日、だそうですね。

偶然にも途中まで書いていたブログの原稿がまさにそのお話でしたので、

急いで仕上げました。オモシロイですね。



ということで、次の朗報は、結婚です。

しかも、今回ご紹介するお2人とも、婚活にてお相手を見つけられました。

まずは、結婚が決まり、お相手が彼女を迎え入れるにあたり、自宅を

改築していて、その完成待ち、という方。

環境が変わるので、ブレスもリメイクに、とご来店。

婚活をされていたのは知らなかったので、突然の結婚報告に驚きましたが、

喜びごとのおしらせは、いつだって嬉しいもの。

おめでとう、をお伝えしても、ご本人は幸せ絶頂、ウフフ。。。という

表情ではない。

どうしてかを尋ねると、年が年だからあまり騒ぐもの。。。と。

あらら、それはダメです。

喜びごとに、年齢なんて関係ない。

おめでたいことは、年齢、性別、人種、地域を問わず、喜ばしいこと。

そして、喜びごとは、どんどん周囲にお裾わけしなくては。

自分が幸せを感じているなら、そのままそれを素直に表現し、周囲も

幸せオーラで包んであげて。

そんなお話しをしながら、デザイン。

11222

同じく年齢の理由で、ウェディングドレスも着るかどうしようか迷っている、

とおっしゃる。

もったいないですね。着たいなら、もちろん着なくては。

他人の喜びごとを、素直に喜べず、嫌味を言ったりする人は、人生に

不要な存在。

遠ざける良いチャンスになるわ、くらいに考えて、周囲の雑音は耳に

入れないこと。

そして、心から祝ってくれる人にだけ関心を向ける。

願いを叶えたんだから、胸を張って、堂々と幸せを享受してください。

彼女はスタイルがとても良いので、ドレス姿が映えるはず。

生涯のパートナーとなるお相手も、惚れなおしちゃうはずですよ。



次の方は、数年前から主に仕事用のブレスレットでご来店していた方。

去年、そろそろ本気で婚活をする、と言い、その後、かなり早いスピードで

お相手を見つけ、年末にはその出会った方と付き合い始めたというご報告を

もらいました。

続けて、今年の初めに入籍の報告を頂戴し、5月には幸せそうなお2人の

ウェディング写真を拝見しました。

色白の彼女に、純白のドレスがとても良く似合っていましたよ。

その後、引っ越しや新しい生活と忙しい日々を送られたようで、先日ようやく

少し落ち着きました、とブレスレットのリメイクにご来店。

もちろん夫婦円満の石を入れ、他の3本もリメイク、ストラップやペンダント

トップも増やして、お帰りに。

出張の多いご主人のようで、いない時はちょっとさみしい、と言う彼女が、

とても可愛かったです。

新婚さん、幸せそうで、なにより。

112232

水湧区。には、多くの独身の方が来店します。結婚は、人生の中でも、

大きなイベントですね。

中には、私のような独身主義者もいますが、多くは男女ともに、いつかは、

あるいはすぐにでも結婚したい、という方々。

その結婚への願いを込めてブレスをオーダーされる方々は、すでに相手が

決まっている場合もありますが、たいていは、これから相手を見つける方々。

価値観は、人それぞれですので、条件婚、恋愛婚、政略婚などなど、

その方によって求める形態は違います。

求めるものがハッキリとしている場合、ブレスをお創りしてから手に入る

までのスピードは、速い。

当然ですよね。

石に対し、手に入れたいものをお願いする際、より具体的である方が、

結果は早い、ということは、すでに何度か話してきました。



一番やってはいけないことが、迷い迷うこと。

できれば子供が欲しいから早くに結婚したいけれど、条件婚はなんだか

気が進まない、好みのタイプと大恋愛の末にロマンチックなプロポーズを

されるのが理想だけれど、でも玉の輿に乗れるのなら恋愛婚ではなくても

良いし、イヤ、そもそも子供も絶対欲しいというわけではなくて。。。

というゴールの見えないお話しをされる方は、実はかなり多い。

あっ、私だわ、と思われた方、いらっしゃいますよね。

こういう方が、一番、欲しいものを手に入れるスピードが遅くなります。

きちんと石に指示を出せないのだから、石だって役に立ちたくても、

どのように役に立てば良いのかわからない。

自分とまっすぐに向き合い、どのような人生を送りたいのか、そのためには

なにが必要で、なにが必要ないのかを考える。

どのような計画を立てて、最終的にはどのようなゴールへ辿り着くと

自分は幸せなのか。

そして、結婚はその人生設計に必要か、否か。必要であるなら、どのような

相手と、どのタイミングで、どのような結婚形態を選択すると最善か。

それらがまったく決まっていない方の願いは、叶えようがない。



良いですか。

欲しいものを手に入れ、想い通りの人生を歩んでいる人たちは、欲しいもの、

すなわち、願い、希望、夢、目標、理想、が、明確です。

例えば、目標が結婚であるなら、いつまでに、このような相手と結婚したい

と、まわりに周知させて、協力を仰ぐ。

特徴は、みなさんとてもストレートだということ。

今回のお2人も、求めるものがハッキリとしていたので、結果が早かった

のでしょう。

結婚したい。

結婚に向けた相手へのハッキリとした要望がある。

それを叶えるべく、条件を提示し合う婚活を選択し、ぶじに手に入れた。

とてもスマートですね。



晩婚が当たり前となった最近でも、男性と違い、女性の場合は、早い段階で

現実と向き合うことになります。

出産限界年齢という壁があるので、自分の子供が欲しい場合、遅くとも

43才くらいまでには、出産の有無と、それに付随する結婚の有無を

決断しなくてはなりません。

ですから、多くの女性が30代後半になると、焦り出す。

理想の王子を求め恋愛婚を望む自分と、迫る限界年齢のため現実的な

条件婚の選択肢を考える自分との板挟みとなり、思い悩む方々。

11225

私は、婚活には賛成です。

結婚を望むのであれば、結婚を見据えた異性と出会う必要があるから。

素敵だな、と感じた相手が既婚者だったり、独身でも、私のように

独身主義者だと、出会ったところで、話が先に進まない。

ようやく結婚願望のある独身の異性を見つけたとして、子供はいらない、

とか、両親と同居して欲しいとか、越えなければならないハードルは

いくつも用意されている。

自分と同じ価値観、理想の家庭生活を想い描く相手を精査できるのが、

婚活です。

とても合理的な出会い。

価値観は、人それぞれ。みな違う。

結婚したい人、したくない人。結婚後は子供が欲しい人、欲しくない人、

結婚はせずに子供だけ欲しい人。。。などなど、さまざま。

だからこそ、結婚したいなら、結婚を望む人と出会う必要がある。

しかも、条件婚は、相手への条件を選べます。

結婚後の仕事の継続の有無や転勤の有無、子供の有無や両親との同居別居、

さらには、住まいは購入か賃貸か、ということから、ペットの有無まで、

恋愛婚では、もめる原因となる問題を、最初にきちんと希望として

確認できるので、後のトラブルは大幅に回避できる。

とてもスマート。



みなさんには、恋愛も、結婚も、スムーズであって欲しい。

だからこそ、結婚したい方は、条件を提示し合い、それに見合う相手と

出会うことのできる、結婚相談所、お見合い、婚活パーティーなどを

積極的に活用してみてはいかが。



○●○----------------  みゅうく--
石をもっと身近に!
天然石&パワーストーンのことなら
   石マイスターのいる専門店≪水湧区。≫へ

(財)日本余暇文化振興会監修・認定 
天然石検定協議会 天然石マスター認定
 小肩 美湧(https://www.facebook.com/miwa.ogata

 
ご予約&お問い合わせ  ネットショッピングサイト
     ↓            ↓
 Tel:011・614・0400  http://myuuku.theshop.jp/
 
Web:myuuku.com---------------○●○
営業:12:00‐18:00/定休:月曜・火曜
Mail:access@myuuku.com
facebook:www.facebook.com/myuuku
○●○-------札幌市中央区北1条西18丁目2-1-1F

|

« 。先入観。 | トップページ | 。アマゾナイト。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564075/66073434

この記事へのトラックバック一覧です: 。婚 活。:

« 。先入観。 | トップページ | 。アマゾナイト。 »