« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月19日 (土)

。五爪龍。

さて、今日こそ、五爪龍ストーンのお話を。

古くから、龍は位の高いものの象徴です。

使用するのはある一定以上の地位にある人々にしか許されず、

さらにその位により、使用してもよい龍の種類が違ったほど。

掘り下げるとかなりの種類があるそうですが、今回は、中でも

爪が5本備わった、最高位の龍、五爪龍のお話です。

11_2

五爪龍は、その国のトップ、いわゆる皇帝や国王、しか、

身に付けることが許されなかったと伝わっています。

確かに、五爪龍は非常にプライドが高く、その扱いに苦労しますが、

とてつもなくパワーが強い。

そして、下の位の人たちは、四本の爪を持つ各龍が許されましたが、

庶民には龍自体が禁止アイテムだったそう。

これが現代になると、誰でも身につけることができるアイテムとなり、

出世・開運・勝利・成功・願望達成、のお守りとして広く使用されています。



さて、この五爪龍、あらゆることを意のままにする、というパワーを

備えています。皇帝の位の象徴だもの、当然といえば当然。

よく目にするのは、水晶やオニキスに彫られたもの。他には、

タイガーアイ各種、ゴールドルチルクォーツ、アメシスト、翡翠、

ラピスラズリ、アゲート各色もよく見かけます。

基本的には、彫られた石のパワーを最大限に引き出す力があり、

ブレスに1つ入れるだけで、そのブレスのパワーは飛躍的に向上します。

そして、水湧区。では、この五爪龍シリーズ、オープン当初から

かなり人気。

いままでたくさんの方々がお持ちになりました。

印象深いところでは、ご夫婦で五爪龍をお使いの方。

10

五爪龍レッドアゲートは奥さま、五爪龍ブルーアゲートはご主人。

しかもブレスレットは、情熱的な奥さまそのままにレッド系、いつも冷静な

ご主人そのままにブルー系、のイメージで仕上がっています。

8

最近入ったのは、。熱意。のブログでも紹介した、五爪龍ヘマタイト。

勝利の石そのままに、同僚と1つのイスを競い合い、勝ってくれました。

2

大きい龍が欲しい、といった女性は、なんと14㎜サイズの五爪龍水晶を

入れたブレスレットへ。

お創りになってすぐに、新たな目標が決まり、それに向けて全力疾走中。

5

もちろん、ビジネス分野でも活躍します。

仕事運だけでなく、金運アップのアイテムとしても根強い人気を誇り、

新たなビジネスチャンスを開拓したい男性が五爪龍タイガーアイを、

Photo

そして、現在の金運を手放さないよう願う女性が五爪龍

ゴールドルチルクォーツをお持ちに。

13

最後は、一番最近にデザインした五爪龍アメシスト入りブレスレット。

愛情の石としてこちらも女性がお持ちになりました。

12

水湧区。ではおもしろいことに、この強い五爪龍シリーズ、不思議と女性が

多くお持ちになります。

いまでは女性が社会で活躍するのは当たり前の時代ですからね、出世も

勝利も成功も、手中に収めたい女性が増えたのかも。

さて、ブレスレット以外では、置物があります。

ポイント結晶や丸玉に彫ったもの、そしてペンダントタイプ。

ラピスラズリや水晶は、願望達成アイテムとして人気です。

デザイン的にブレスレットに入れたくない方々が、自宅に置いてパワーを

もらっています。



風水界でも開運アイテムとして重宝されている龍。

龍はあの長い尾で、上昇気流を生み出しますから、勢いを付けたい方、

背中を押して欲しい方、難攻不落を攻めている方、より高みへ行きたい方、

登れるところまで登りたい方などなど、上を目指す全ての方へオススメです。

ちなみに。。。

水湧区。には、ラブラドライトに彫られた巨大な五爪龍がいます。

シラーがとても美しく、まさにうちの守り神のよう。

○●○----------------  みゅうく--
石をもっと身近に!
天然石&パワーストーンのことなら
   石マイスターのいる専門店≪水湧区。≫へ

(財)日本余暇文化振興会監修・認定 
天然石検定協議会 天然石マスター認定
 小肩 美湧(https://www.facebook.com/miwa.ogata

 
ご予約&お問い合わせ  ネットショッピングサイト
     ↓            ↓
 Tel:011・614・0400  http://myuuku.theshop.jp/
 
Web:myuuku.com---------------○●○
営業:12:00‐18:00/定休:月曜・火曜
Mail:access@myuuku.com
facebook:www.facebook.com/myuuku
○●○-------札幌市中央区北1条西18丁目2-1-1F

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »