« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月30日 (土)

。変わり目。

もうすぐ節分ですね。

新暦になってから久しいので、みなさまには馴染みがないかもしれませんが、

私たち東洋占星術を使うものたちは、2月4日が宮の変わり目、いわゆる

節目となり、新たな1年のスタートとなります。

水湧区。でオーダーされた方はご存じでしょうが、ブレスを創る際には、

その方の生年月日をみます。

これは、その方に守り石をお持ちいただくか否かの判断材料の1つだから。

私が常に使う占星術は、大きく2つ。

四柱推命、と、天中殺、と呼ばれるものです。

0130

なぜ1つではないのか。

単純に占術の精度を高めるためです。

このような占術に対して、信じる信じないの観点からお話しされる方は

多いですが、私の行う運命学からくる占術は、統計学なので、

信じる信じない、ではなく、利用する利用しない、のお話になります。

そして、利用するのであれば、より精度は高いものが良い。

四柱推命だけでは、約80%の的中率。

天中殺だけでは、約80%の的中率。

どちらも古く、歴史のある占術ですが、それでも80%では足りない。

私は、どうしたら100%に近い統計となるかを試行錯誤し、この両方を

屈指することで、95%の的中率に精度を高めました。

この両方の星の位置(宮)を見て、いまその方はどのような状況か、

そして、これからどうなるのかを判断します。



少し具体的に掘り下げましょう。

人生には大きな流れ、があります。バイオリズムと言いましょうか、

一定の周期ですね。

人は生まれた日を司る星のバイオリズムに沿って人生が流れてゆくので、

成功の時期や苦難の時期がそれぞれ異なります。

そして、この流れに逆らうと困難が待ち受け、流れに上手く乗るとスムーズな

毎日を過ごせる。

四柱推命ではこの流れが9年周期、天中殺は12年周期です。

私がみなさまにご説明する時は、このバイオリズムをよく四季にたとえます。

春の種まき、夏の成長、秋の収穫、冬の忍耐。



人生が上手くいかない方の多くは、この流れを利用していない方です。

春の種を蒔かなければいけない時に、蒔かずにいると、

夏の成長期になにも成長しないので、

秋の収穫期にはなにも手にできず、

蓄えがない状態で冬に突入。

すると、蓄えが一切ないので、財産を無くしたり、健康を損ねたり、

トラブルが生じたり。。。と代償を払わざるを得なくなります。

最悪な低迷期、いわゆる厳冬を迎えてしまう。



他方、きちんと流れを利用している方は、

春なると種を蒔き、

その中で良さそうな芽を丁寧に丁寧に大きく成長させる夏を過ごし、

秋にはたくさんの収穫をもって

余裕のある冬を迎える。

すると、金銭的にも人脈的にも蓄えがあるので、低迷期といえども、

さして困難なことはなく、また困難になってもすぐに助け舟が出る、

いわゆる暖冬を過ごすことになる。

なんとなくおわかりいただけますか。



この2カ月余り、ちょうど宮(年)の変わり目に差し掛ったために、

2月4日から低迷期に入る

四柱推命での六白金星の方、去年からすでに入っている七赤金星の方、

天中殺での申酉の方、

などは、守り石を求めて来店されます。

ご自身の周期を知っていてる方はもちろん、運気のことは知らなかったけれど

なんとなく付けたくなった、と石に呼ばれる方も多くいらっしゃる。

直感力や霊感が優れている方は、誰におしえられなくても、低迷期には

守り石を付けたくなるんですね。

01303

そして、低迷期を脱するかたは、これから来る上昇気流に乗るための

石を付けたくなる。

四柱推命での八白土星の方、去年からすでに上昇中の九紫火星の方、

天中殺での午未の方、

などは、ようやく冬が終わり、春を迎え、これから運気が上っていきます。

それに乗り、願いを叶えてゆこうとする方は、追い風を求めて来店されます。

01305

悲惨な低迷期を過ごし、心身共に衰弱しきって低迷期が終わると、

せっかく好調気に入ったのに、事態の収拾に時間がかかり、同じ星の人たちが

夏を迎える頃に、ようやく種まき。。。と、好調気の半分を無駄にしてしまう。

そして、たいした収穫を得られないまま、すぐに次の低迷期が来てしまい、

また最悪な低迷期を過ごし。。。と悪循環。

ついてない人生が待っているわけです。

それはイヤですね。



人生をより豊かにすごしたいのなら、まずは人生のバイオリズムを知り、

その周期に沿ったパワーストーンを付けることで、運を味方につけ、

思い通りの毎日にしてゆく。

それがベストです。



相乗効果的に未来を良くしてほしい。

私の願い。



○●○----------------  みゅうく--
石をもっと身近に!
天然石&パワーストーンのことなら
   石マイスターのいる専門店≪水湧区。≫へ

(財)日本余暇文化振興会監修・認定 
天然石検定協議会 天然石マスター認定
 小肩 美湧(https://www.facebook.com/miwa.ogata

 
ご予約&お問い合わせ  ネットショッピングサイト
     ↓            ↓
 Tel:011・614・0400  http://myuuku.theshop.jp/
 
Web:myuuku.com---------------○●○
営業:12:00‐18:00/定休:月曜・火曜
Mail:access@myuuku.com
facebook:www.facebook.com/myuuku
○●○-------札幌市中央区北1条西18丁目2-1-1F

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 7日 (木)

。謹賀新年。

1007

生きていますか、と聞かれてしまいました。。。

生きています、かろうじて。。。

みなさまはすでにお正月気分が抜けてきている頃かもしれませんが。。。

私は年末までにたまったオーダーをなんとかこなし終えて、久しぶりに

ブログ用パソコンの前へ。




いつもは新春からスタートする、特別フェア、をみなさまからのご要望により

前倒しして、クリスマス&新春フェアと題し、去年12月からスタート。

これが、想像以上の好評をいただき、とてつもないオーダー数を記録。

水湧区。に初めて行列ができました。。。

また、ご来店でのオーダーだけでなく、電話やメールでのオーダーも頂戴し、

ただひたすらに、オーダー → 制作 → オーダー → 制作。。。を

繰り返す日々。

オーダーと制作の合間には、原石購入のご相談やら、カウンセリングやら。

気が付くと年末を迎え、それでも制作に明け暮れ、そのまま新春営業に突入し、

今日ようやくたまっていたオーダーの制作全てを終えました。

あとは、発送やお渡しを待つのみ。



昨年中にオーダーの依頼を承ったのに、新年をまたいでしまい、お待たせした

みなさま本当に申し訳ありませんでした。

急がないから完成は来年でも良いよ、と優しい言葉をくださった方々に感謝。

この忙しさもフェア終了までと想い、もう気力だけで消化する日々。

残すところあと3週間。。。



さて、この水湧区。オリジナルブレスレットをお持ちの方限定、特別フェアは

今月末日まで開催。

お得意さまになればなるほど、このフェアを上手に利用されます。

パワーの強い石や人気の石は、やはり値が張りますからね。

強力な浄化用のクラスター水晶や、部屋に置いてパワーをもらう原石たちを

手に入れるなら今月中が良いですよ。

なお、フルでもリメイクでも、オーダーの場合は、ご予約をおススメします。

もちろん、突撃も歓迎いたしますが、先月はけっこう長い時間お待ちいただく

ことが多かったので、予定がお決まりの方は、ご一報を。



最近は、みなさまも効果的なブレスレットのオーダーの仕方がおわかりに

なってきたらしく、お創りするとなにかしらの変化があるようで、たくさんの

朗報を頂戴しています。

この1カ月は書き留めるだけで精一杯でしたが、順次、お伝えしようかと。



まずは、新年の挨拶まで。

いつもながら、水湧区。のお客さま、そして私に縁のあった全ての方々に、

心より感謝を。

そして、迎えた年がみなさまにとって、笑顔あふれる日々になることを

願っています。



あとちょっと。

だから、頑張って。

 

○●○----------------  みゅうく--
石をもっと身近に!
天然石&パワーストーンのことなら
   石マイスターのいる専門店≪水湧区。≫へ

(財)日本余暇文化振興会監修・認定 
天然石検定協議会 天然石マスター認定
 小肩 美湧(https://www.facebook.com/miwa.ogata

 
ご予約&お問い合わせ  ネットショッピングサイト
     ↓            ↓
 Tel:011・614・0400  http://myuuku.theshop.jp/
 
Web:myuuku.com---------------○●○
営業:12:00‐18:00/定休:月曜・火曜
Mail:access@myuuku.com
facebook:www.facebook.com/myuuku
○●○-------札幌市中央区北1条西18丁目2-1-1F

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »