« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月16日 (日)

。古代レムリア。

よく、オーナーの一番好きな石はなんですか?と聞かれることがありますが、

私は石屋なので、特定のパワーストーンを特別扱いすることは、

あまりありません。

私が口にしてしまうと、ご自分に合うか合わないかに関係なく、

その石を身に付けると良いのね、と思ってしまう方が多いため。

それでもやはり、好みはありますが。

さて、今回はそんな個人的な好み、とは別に、心動かされる石、のお話し。



先日、「レムリアンシードクリスタル」の丸玉を手に入れました。

とても興味深いいわれを持つ、非常にめずらしい水晶なんです。

伝説の古代人、レムリア族のお話しをご存知ですか?

太古の海に沈んだとされるレムリア大陸には、精神的に非常に高度な

文明を持つレムリア人がいたとされ、彼らはその叡智を水晶にバーコード

として記憶させ、地中深くに埋めたといわれています。

発見されたのは最近ですが、埋められた場所が限られることと、

埋めた量が限られるらしいことから、非常に稀少価値の高いレアストーン

となっています。

伝説話に信憑性をもたらしているものは、この水晶が通常の結晶状態でなく、

明らかに人の手で埋められたような状態で発見されるから。



非常に強いエネルギーを持つものの、持ち主を選ぶともいわれ、

叡智を読み解く力のあるものしか手にできないともいわれる、

霊性の高い水晶です。

一説では、レムリア人の生まれ変わりが手にして、バーコードを読み解く

とのいわれが。

ワクワクしますね。

私は、史実としての歴史には疎いのですが、伝説関係は大好きです。

そこにロマンがあるから。

2

私に、レムリア人の叡智を読み解く力があるか否かは別として、

水湧区。にはなぜかこのレムリアンシードクリスタルの原石が2つも

あります。

その原石たちは、どうしても手にしたいので頑張って入手した、

という感じではなく、ふと気が付いたら私のそばにあった、という

不思議なご縁。

そして、今回、レムリアン水晶の原石を加工した丸玉を手にした瞬間に、

なにかしらの衝動を受け、予定外でしたが仕入れました。

日ごろ強い衝動に駆られることがあまりない私は、なぜそんなに

気になるのかが気になり、さっそく調べてみると、まぁ素敵な伝説。

0615

私は宇宙人といわれるほど浮世離れしているようですが、

代表は宇宙人ではなくレムリア人だったのかもね、と、店長。



笑い話はさておき、このレムリア水晶の丸玉、私がいたく気に入ってしまい、

ブレスとして身に付けてしまったので、残り一連分しか残っていませんが、

もし興味のある方は、ぜひ手にしてみてください。

とても澄んだエネルギーで、身に付けると、まるで水を補給しているかの

ような心地よさがあります。


心が乾いている全ての人へ。


石をもっと身近に!

-・-天然石&パワーストーンの事なら専門店【水湧区。】へ-・-

http://www.myuuku.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 9日 (日)

。スーパーセブン。

もっと私のブログを読みたい、と言ってくださるお客さまが多く、

いかに更新頻度を上げるか、に挑戦中の今日この頃。

必要とされる喜びに、タイトなスケジュールもクリアできそうな予感。



さて、今日は、お話を伺うと、とにかくメンタルを強化することが

なにより先決、ということになった方のオーダー。

一番お気に召した「スーパーセブン」を中心にデザイン。

あいまいな色合いがお好き、というリクエストにお応えしました。

0608

スーパーセブンは、水晶中にアメジストやスモーキークォーツなど別の

鉱物が6種類入っていて、独特の模様を表現しているパワーストーン。

もちろん6種類すべての鉱物が水晶中に揃って生成されることは

めずらしく、レアストーンの1つに挙げられます。

なんだか強そうな名前ですが、実際にもとても強いエネルギーを持つので、

愛好家の中では最近人気に。

キレイなものはなかなか入手しにくくなりました。



そのスーパーセブンを中心にお創りしたブレスは、まさに

「グラウディング効果仕様」といえるでしょう。

精神を整え、心を安定させると、たいてい物事は良い方向へ動きます。

体調しかり、対人関係しかり。

他にもパワーの強い石をいくつかお入れしたので、比較的早い変化が

期待できそうですね。



石をもっと身近に!
-・-天然石&パワーストーンの事なら専門店【水湧区。】へ-・-
http://www.myuuku.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »