« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月23日 (月)

。情熱系。

私の時を刻むスピードは、みなさんと違うのではないかと本気で想ってしまう

くらいに、あっという間に時が過ぎてゆく。

年末年始のご挨拶もできないままでしたが、みなさまはどのような

年末を過ごし、どのような新年を迎えたのでしょうか。

私は時間に追われるあまり、年を越えたことさえ実感できないままに

居ましたが、久しぶりに心が温まる出来事が。

Photo_6

なんとお客さまのSさんから私の大好きなカラーのお花を頂戴しました。

素敵なサプライズに想わず笑みが。

ブレスレットをオーダーくださったSさん、時間的都合もあり初日では

終わらず、デザインは次回に持ち越しへ。

「また都合をみて来ます。」とおっしゃっていましたが、次の日に

「やっぱり気になって。どうしても完成させたい」と再びご来店。

あーでもない、こーでもない、と悩まれた末に、「これにします。」

私もほっと安心しました。



お客さまの中には、ブレスレットに使用する石もデザインも

「おまかせしますので、そちらの良いようにしてください。」と

おっしゃる方が結構多いんですね。

他のお店ではどうかわかりませんが、私はそのようなオーダーは歓迎

していません。

理由は、石にとって、みなさまの「この石が良い。」という選ばれた感が

とても重要だから。

そして、共に生きるパートナーの選任を人任せにせず、ご自分で行う

という責任感を持っていただきたいからです。

石は人より純粋でけなげです。

君が良いと言われれば、その言ってくれた人のお役に立とうと全力を

注いでくれる。

ですから、「この中で私に合う石はどれですか?」などの質問には極力

お答えしないようにしています。

大事な「選出作業」には妥協して欲しくないため、私からは最小限の

アドバイスのみで、最終的にはご自分で選んだ石のみで創り上げた

ブレスレットになるまで根気よくお付き合いします。

こう書くと、私はアクセサリー屋としては失格かもれませんが、

パワーストーンとみなさまの橋渡し役に徹していたいので。



さてそのSさん、出来上がりが待ち切れなかったらしく、すぐに取りに

いらっしゃいました。

その際、私のこのブログに目を通してくださったようで、「お好きな花ですよね」

と、しかも黄色いカラーのプレゼント。

私はお花ももちろん嬉しかったのですが、何よりも、気持ちを伝えるために

ただでさえ長めのこのブログに目を通してくださったことに感動しました。

とても素敵な方だな、と。

そして、ご本人はお気づきかわかりませんが、オーダー初日よりも笑顔が

輝いていて、より一層嬉しくなりました。

Sさんの中で何かが変化した証拠ですね。

トンネルを抜けたのか、1つステップを上がったのか、その兆しか、

いづれにせよずいぶんとさっぱりされた表情に、もう大丈夫でしょう、と。。。

もちろん、抱えている問題や状況が突然一変することはそうないでしょうが、

間違いなく、少し強くなられているはず。



この仕事を続けていて良かったと想える瞬間を再びくださったことに感謝。

どうもありがとう。

忙しさの彼方に忘れかけていた初心を取り戻せ、またモチベーションが

上がりました。

石に喜んでもらう環境づくりと、そのご機嫌な石たちをみなさまの元へ

送り出すことが私の最大の使命。

そして、その石たちの活躍で、みなさまの毎日が笑顔溢れる日々になることを

願っています。



最終的には、水湧区。の扱う中でも特級品ばかりを使用し、見た目だけでなく

金額も素敵になったSさんのパートナー。

名付けて「情熱系」。

Photo_7


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »