« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月23日 (土)

。新たなる経験。

今月の28日で、水湧区。はオープン1周年を迎えます。

そのちょうど一週間前のおととい、明け方自宅に到着してみると、

オレンジ色の封筒が。。。

そこには、「速達」と共に(財)骨髄移植推進財団の文字。

瞬間的にあることを予感した私は、さほど酔っていなかった事もあり、

至急、開封してみる。

「コーディネート」のタイトルから、提供相手が見つかったことを悟りました。

骨髄バンクへの登録期間はもうずいぶん長くなります。

たまたま行った献血ルームに置いてあったパンフを手に取り、

勢い余って手続きをしたのはもう十数年以上も前のお話。

その間、比較的自由に時間を取れる日々もあったのに、なぜ、今、

このとんでもなく忙しい時期に、という想いが駆け抜ける。




それと同時に、偶然にも封筒が届いたこの日にお逢いしていた方は、

なんとお母様が白血病から無事に生還されたそうで、その乾杯を

ご一緒したんです。




オープン1周年が目前ということ、そしてその日お逢いした方と

白血病について話したということ、それらが重なっての封書。

単なる偶然ではない。

私でなくとも、そう感じますよね。

試されているのかな。

日頃から、博愛を唱えてやまない私への試練かしら。




誰かの命に代えてまで守る価値のあるものなど、この世には存しない。

それが私の信念。




でも、一方で、私が休めば、水湧区。のオーダーはお休み。

いえ、そもそも6月までびっしりとスケジュールが詰まっている中、

リスクを伴うボランティアをすべきか。

という風も、水湧区。を経営する私には吹く。




まぁ、まだ通知が来ただけですので、私の現在の身体が骨髄提供に

適しているか否かの検査をしてみないと、実際にドナーになれるかは

わからないけれど。



せっかくなら相手の人生を好転できたらな、そう想った。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月18日 (月)

。ようやく。

もう1年以上前から、【mixi】を勧められていたものの、メールよりも電話、

電話よりも直接、逢いたい派の私は、ネットの世界には馴染めずに、

アナログ路線まっしぐらで過ごしてきました。

ところが、先日、心優しい友人2名のおかげで、ようやく、

なんとかだけれど使えるように。



これがけっこう面白いんです。

たまに逢うだけではわからない友人たちの隠れた才能や

想像の域を超えなかった彼らの日常を垣間見ることができ、

なるほどね、と、1人つぶやくことも。

ブログに書くほどの事ではない、ちょっとした日々の出来事は

こちらに載せてゆきますので、興味があれば覗いてみてくださいね。

たぶん、水湧区。で検索できるはずですから。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 9日 (土)

。私らしさ。

気が付くと、すぐに仕事に忙殺される私(笑。

その上、このひと月ほど、仕事以外に時間を割かれること、

心を乱されることが多くあり、私らしさ、を見失いがちに。

大事な人にまで曇った笑顔しか向けていないことに気づいた昨日、

このままではいけないと、久しぶりにリセットの時間を。



前回は小樽へ行ったので、今回は反対側の、千歳へ。

仕事終わりから次の予定までの2時間少々しか時間はなかったけれど、

高速を飛ばし!?いざ千歳空港へ。



飛行機は、大好き。

特に着陸するよりも、離陸する飛行機が好きです。

過去よりも未来、既成よりも未知が好きな私は、離陸する飛行機に

ドキドキする。

私にとって、自由への象徴だから。




そして、空港も好き。

想いが交わる場所。

期待に胸躍らせる人、それを見送る切ない想い、出迎える笑顔など、

色々な人たちの様々な想いが行き交う、ロマンチックな場所だから。

0409

昔、まだ新しくなる前のこの空港から【自由を手にする】ため、

未知なる地へ1人飛び立った私。

その時は、離れたくない人と離れることに涙し、それでも二度と

戻ることはないと心に決め、離陸したことを想いだす。

それから随分な時間が流れ、気が付いたら飛び立ったはずの地で

生きている私。

人生は、何が起こるかわからない。

でも、何が起きようと、私はいつも、誰に対しても、私らしくありたい。




そんな感慨で胸を満たし、大至急、帰路へ。

ゆっくりと自分と向き合う時間、もっと多く創らなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 5日 (火)

。オンとオフ。

おととい、素敵なオーダーが。

もともと原石などには縁があったMさんですが、パワーストーンの

ブレスをお創りになるのは初めて。

石を選んでいただくと、癒し系が多く、色もパステルで優しい感じに。

04051_2

次の日、早速、取りに来てくださいました。

サイズも色合いもばっちり。

ところが。。。

「昨日、気になった石、もう一度見てもいいですか?」

もちろんですよ、と、オーダーの日、気にはなったものの、

他の石と作用が相反してしまうため、結局、今回のブレスには

使わなかった石たちとオーダーコーナーでご対面。

「やっぱり気になる。どうしよう。。。」




ブレスはお創りしたばかりですから、ストラップとかネックレスとか

別のアクセサリーも提案したものの、結局、もう一本ブレスを

お創りになることに。

先のブレスは柔らかい感じでしたので、もう1つは、

少し大人っぽくセクシーに、をテーマにデザインしました。

04052_2

雰囲気もエネルギー体も全く違う2つのブレス。

でも、いまのMさんには両方必要だったよう。

疲れた時、ちょっと寄りかかりたくなった時には、癒し系を。

朝から気分上々の時、決戦の日には勝ちにいく系を。

「欲張りですよね。」と、笑ったMさん。

自分の欲求にストレートなのはとても良いことです。




すごく気に入りました、と喜んでくださいました。

ここのこの色合いも良いし、こっちのこの部分もかわいい。。。

キラキラ笑いながらお話に。

その笑顔があまりにも素敵で、想わずカメラを。

0405

オン系とオフ系。

どちらのブレスとも、必ずMさんのお力に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 2日 (土)

。心づかい。

昨日、素敵な来客が。。。

なんと、ちょうど1年前、水湧区。がオープンして間もなくの頃、

初めてネックレスをオーダーしてくださったSさんがご来店。

→【初^^ネックレス

「もうすぐ1周年なので。」と、素敵なお花をプレゼントくださいました。

本当に嬉しい。

お花をいただいたことはもちろんですが、ブログでも店頭でも

まだ告知していないにも関わらず、水湧区。の開店日を

覚えていてくださったなんて。

感動ですね。




当初は、ネックレスもブレスと同じように一連、ゴムで結び、頭から

かぶってもらって!!いました。

日を重ね、今では少々進化し、かぶらなくても!?良い、金具式の

ネックレスが創れるように。




振り返ると、1年って早いようで実はちゃんと365日分、

越えてきているんですよね。

Sさんは、ネックレスをお渡しして以来、職場が遠くなったらしく、

お顔を拝見することがなかった日々。

どうなさっているかな、と想いつつ、季節が過ぎました。

そして、再びの春。

春が再会を運んでくれたよう。




覚えていてくれてありがとう。

気にかけていてくれてありがとう。

また逢えてよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »